わたしのカケラ〜感想棚〜

ワタシの時間を彩るカケラ。映画やドラマ、本の感想をただひたすらに書く個人記録。

洋画 【SF系の部屋】

あまり積極的に観ていないようなジャンルだと思っているのですが、気がついたらむしろ割と観てハマっている物は多いのか…?とふと思った、SF系です。(なんのこっちゃ。)

なるべく王道は外します。たぶん…

 

 

『ミッション: 8ミニッツ』

f:id:ka75handa:20190503031322j:image

 

列車爆破テロの犯人を明らかにするミッションを、何度も何度も何度も…何度も行うスティーブン。

 

何度も…?どういうこと?

 

はい、観てきてください!

そして、誰か私に分かりやすい説明をお願いします。ラストが、あれ?え!?何故に?えーとつまり…???で頭こんがらがってます。

 

それも含めて、ずば抜けの面白さ。

 

 

 

『ハンガーゲーム』1〜4

f:id:ka75handa:20190502030734j:image

 

王道きた。

 

独裁国家が国民を12地区に分け支配し、

政府への反乱を抑制することを目的に各地区から2名ずつ選び、殺し合いゲームを毎年開催する。

その"ハンガーゲーム"は、首都キャピトルに住む富裕層の娯楽でもあり、ショーとして仕立て上げ、番組放送される。

 

何て最悪な気持ちの悪いシチュエーションなんだろう…と思うのだけれど、この映画は4作かけて、主人公のカットニスがこのゲームを生き抜きながら独裁政府へ立ち向かって国民の希望の象徴として挑んで行くという、勇敢な女戦士の話なのです。

f:id:ka75handa:20190502031821j:image

カットニスを演じるジェニファー・ローレンスの魅力はシリーズを進める度に増し続け

賢く、勇気があり正義感が強く、愛のあるカットニスにどんどん惹かれていく。

 

見どころの大きな一つは、

殺し合いゲームに参加を強いられる者たちの生活の姿と、それを娯楽にする富裕層の姿との対比。清々しいほどにはっきりと表現されています。

f:id:ka75handa:20190502033301j:image

そして、カットニスの葛藤や挑み成長し続けていく勇敢な姿

f:id:ka75handa:20190502033534j:image

f:id:ka75handa:20190502033546j:image

f:id:ka75handa:20190502033929j:image

 

f:id:ka75handa:20190502034307j:image

f:id:ka75handa:20190502034323j:image

命をかけなければならない状況を強いられている本人たちと

どこまでもエンターテイメントに仕立てる外野。

 

とにかく4作すべてが、見応えあり。

 

 

 

また、違うけれど似たような映画で

 

『ダイバージェント』1〜3

f:id:ka75handa:20190502041627j:image

 

文明が崩壊後の管理社会。

人は政府の適正テストを受け、5つの共同体に分類され管理されていた。【勇敢】【無欲】【高潔】【平和】【博学】

そのどれにも属さない異端者"ダイバージェント"は秩序を脅かす危険因子として抹殺される。

f:id:ka75handa:20190502042333j:image

主人公トリスは、そのダイバージェント。

 

これも面白いストーリー。

支配や抑制など、とても考えさせられます。

 

 

 

 

インセプション

f:id:ka75handa:20190502043921j:image

夢が多層構造になっていてとてもややこしく、頭の中がパニックになる。

 

どう解釈してもいいと思える映画。

観る人を迷子にさせる映画。

 

とりあえず、私はまだよくわかっていません!

わからないけど、凄いと思った映画。

わからないから、気になって気になって仕方がない。

クリストファー・ノーラン監督の作品は、私はどうしても中毒になる。

 

 

 

『レディプレイヤー1』

f:id:ka75handa:20190502050346j:image

スピルバーグ監督。

2024年、仮想空間のVRの世界が、人類にとっての"オアシス"そのものだった。オアシスではだれもがなりたい自分になれる…

f:id:ka75handa:20190502052304p:image

f:id:ka75handa:20190502052326j:image

 

そんな世界をふんだんに魅力的に繰り広げ、その映像はとにもかくにも、凄い。

尚且つ、しっかりと現実世界の素晴らしさも描かれている。

 

目が大喜びするたまらない映画だと思う。ほんと凄い。必見。

 

 

 

ニューヨーク東8番街の奇跡

f:id:ka75handa:20190502052436j:image

スピルバーグ監督のSF映画はザ・王道なんだけれど…どうしても載せておきたいあたたかい作品の一つ。

f:id:ka75handa:20190502052733j:image

何とも愛らしい可愛いUFOの形をした宇宙人が、立ち退きを迫られている古いアパートの住人たちを救う話。

子どもの頃に観て、好きだった作品。いつまでもとっておきたい映画。

 

 

子どもの頃と言えば

 

コクーン

f:id:ka75handa:20190502053600j:image

f:id:ka75handa:20190502053858j:image

f:id:ka75handa:20190502054225j:image

友好的な宇宙人と、人間の老人たちとの話。

繭(コクーン)が入っているプールに老人たちが入ると元気に若返る。

かわりに、宇宙人は衰弱していく。

という事くらいしか思い出せないのに、当時はグレムリンスターウォーズなんかと同じくらいよく観ていたので、気に入ってたのだろうと思うので挙げてみました。

ダヴィンチ・コードなどのロン・ハワード監督。

 

 

 

『タイムライン』

f:id:ka75handa:20190502055645j:image

スーパーマンやリーサルウェポン等のリチャード・ドナー監督。

転送機械によって現代から14世紀フランスの英仏百年戦争の真っ只中にワープしてから、生き抜く話。

f:id:ka75handa:20190502060448j:image

面白いし、ジェラルド・バトラーもカッコいい。全体的に好みの映画です。

 

 

 

洋画 【忘れられないサスペンス・ミステリー】

すごくいい!!というチョイスでなく、とにかくどうしても忘れられない…という痕を残したサスペンス系をひたすら挙げようと思います。

 

 

『危険な遊び』

f:id:ka75handa:20190501205916j:image

 

マコーレー・カルキンと、イライジャ・ウッド

スリラー。

f:id:ka75handa:20190501210619j:image

 

カルキン君が本当に恐ろしいんだけれど(と当時は感じた)

ラストの母親のシーンが忘れられない。

ラストの選択には考えさせられて…ずいぶん時が経ったけれど未だに答えは見つからない。

f:id:ka75handa:20190501210745j:image

今見たらまた違った感じ方をするかなとも思うかな。

 

 

 

 

エスター』

f:id:ka75handa:20190501211103j:image

サイコサスペンス。

怖い。怖くて、だけど辛い。

よく出来てると思う。

f:id:ka75handa:20190501211223j:image

f:id:ka75handa:20190501211242j:image

とても忘れられない…誰か観て欲しい(忘れられない道連れに)

 

 

 

ミザリー

f:id:ka75handa:20190501211801j:image

これもまたサイコな…怖すぎ。

評価は高いんだけれど、怖かった、、

f:id:ka75handa:20190501212001j:image

ティーブンキング原作。

 

 

 

 

永遠のこどもたち

f:id:ka75handa:20190501212650j:image

 

雰囲気がまぁ怖いんだけれど、ストーリーは、とても悲しい話。孤児院の封じられた悲劇が明らかになっていく。

しばらくぼう然と、感傷的な気持ちから上がれなかった。

 

 

 

『フロムヘル』

f:id:ka75handa:20190501213426j:image

切り裂きジャックを題材にしたミステリー。

これは、好きで忘れられない。

 

f:id:ka75handa:20190501213506j:image

このジョニー・デップが私の初デップ。カッコ良くて、、ヘザー・グラハムも可愛い。

 

 

ブラック・スワン

f:id:ka75handa:20190501214014j:image

ナタリー・ポートマンたっぷり。

f:id:ka75handa:20190501214054j:image

悲しいストーリー。白鳥の湖と、バレエに身を捧げ破滅していくナタリーのラストは印象的。

追い詰められていくサイコスリラー。

 

 

 

 

 

 

 

洋画 【シーンが印象的な映画の部屋】

 

とにかく個人的に、良くも悪くも焼き付いているシーンがある映画をただただ挙げてみようと思います。

 

 

 

『セブン』

f:id:ka75handa:20190501174900j:image

これはもう、かなり衝撃的だった。

ラストの映像とシーンは忘れられない。

 

衝撃的過ぎて、二度観れないやつです。

 

 

赤ずきん

f:id:ka75handa:20190501175400j:image

"赤"のコントラストがとにかく美しい。

f:id:ka75handa:20190501175454j:image

 

 

 

 

 

『仮面の男』

f:id:ka75handa:20190501180352j:image

主演はディカプリオなんだけれど

彼を支えるダルタニアンに胸が熱くなる。

f:id:ka75handa:20190501180524j:image

この切なくて愛があるダルタニアンが観たくて、何度も観る。

 

 

 

『ロミオ&ジュリエット』

f:id:ka75handa:20190501181115j:image

バズ・ラーマン監督。

f:id:ka75handa:20190501181319j:image

水槽越しに見つめ合うシーンと

朝を迎える時のつかの間の幸せの2人のシーンは、その後の2人の悲しい結末を前に印象的。

 

 

 

華麗なるギャツビー

f:id:ka75handa:20190501182149j:image

これもバズ・ラーマン監督によって独特の煌びやかさの世界と映像美に仕上がっている。

 

f:id:ka75handa:20190501182301j:image

f:id:ka75handa:20190501182316j:image

デイジーらの衣装は本当にお洒落で可愛い。

 

 

 

 

 

コンスタンティン

f:id:ka75handa:20190501182925j:image

悪魔を人間界から地獄へ送り返す力を持つキアヌリーブス。

f:id:ka75handa:20190501183015j:image

f:id:ka75handa:20190501183032j:image

個人的にはかなり好きで気に入っているシーンも多く、何度も観る映画です。

ラストの収まりもとても良い。

 

 

 

『96時間』

f:id:ka75handa:20190501183625j:image

これはアクション部屋で挙げたい!

フランス旅行先で娘が拉致されるシーンは衝撃的。

f:id:ka75handa:20190501183738j:image

娘を救うために元CIA工作員の父が人身売買組織に乗り込み暴走しまくる姿は胸が痛む&爽快です。

パパ最高にカッコいい。

 

 

 

 

SAYURI

f:id:ka75handa:20190501185426j:image

大好き。チャン・ツィイーコン・リーも美しい。

f:id:ka75handa:20190501185626j:image

惚れ惚れする。

SAYURIが芸者としてのし上がって

この舞台の舞は鳥肌。

f:id:ka75handa:20190501185701j:image

子ども時代のSAYURIの名シーンも

f:id:ka75handa:20190501185930j:image

 

 

 

 

 

 

 

洋画 【恋愛の部屋】

そんなに好んで見るカテゴリーではないのですが、そんな中で浸れるラブロマンス映画をチョイスします。

 

 

 

『ジョーブラックをよろしく』

f:id:ka75handa:20190501161651j:image

ブラピは死神。この青年の身体を借りて人間界に降りて来た死神。

そして美しいクレア・フォーラニと、父・アンソニー・ホプキンス

極上の恋愛であり親子の話であり

アンソニー・ホプキンス演じる父親無くしてこの物語は始まらないし終わらない。

こんな死神、素敵過ぎてウットリする…

f:id:ka75handa:20190501165519j:image

感動の恋愛ファンタジー

 

 

 

 

ある日どこかで

f:id:ka75handa:20190501162601j:image

子どもの頃に観て以来、ずっと私の中の上位にいる映画!

こんなに切ない素敵な恋愛映画はあるの?ってくらいに好み。

f:id:ka75handa:20190501162758j:image

クリストファー・リーブ主演のタイムトラベルファンタジー

f:id:ka75handa:20190501162929j:image

マッケナ役のジェーン・シーモアが美し過ぎる…!私でも惚れる。

 

これを観ると、はじまりはどこからなのかという永遠の問いがぐるぐると回り続ける。

ニワトリか卵か、みたいな。

この映画の中のキーとなる"懐中時計"は、誰の物だったのだろうか。

 

切ないけれど、ハッピーエンドという事なんだろうと思う。

この映画のラフマニノフが耳に残り続けて30年経ちます。

 

 

 

イルマーレ

 

f:id:ka75handa:20190501164600j:image

キアヌ・リーブスサンドラ・ブロックの「イルマーレ

f:id:ka75handa:20190501164654j:image

チョン・ジヒョンイ・ジョンジェの「イルマーレ

 

どちらが好み?

 

海辺の家・手紙がキーワードとなるラブロマンス。

f:id:ka75handa:20190501164845j:image

f:id:ka75handa:20190501164916j:image

f:id:ka75handa:20190501164930j:image

しっとりと浸れる映画。

 

 

うーん。切ないラブロマンスばかりですね。

 

 

 

 

 

洋画 【サスペンス・ミステリーの部屋】

これ系はそれこそ好みがありますが、私の中で「いいね👍」を大量に押したい作品を挙げてみます。

 

 

ラッキーナンバー7

f:id:ka75handa:20190501135052j:image

20年前の出来事をきっかけに、NYにやってきた不運な青年を軸に展開するサスペンス映画。 2人のマフィアのボスをモーガン・フリーマンベン・キングズレーが演じ、暗殺者グッドキャットをブルース・ウィリスが演じる。

 

おおお!!っとなる系。テンポも良いし面白い。センスが好み。

 

 

 

閉ざされた森

f:id:ka75handa:20190501135457j:image

2転3転する、どんでん返し系。

推しです。

f:id:ka75handa:20190501135558j:image

ジョン・トラボルタ。いいねいいねを押しまくりたい!

監督はダイハードのジョン・マカティアナン氏。

 

 

 

メメント

f:id:ka75handa:20190501135955j:image

これはもう…何度観ただろうか?

一回目、何が何だかわからずそのまま二回目に突入した。

クリストファー・ノーラン監督!

ストーリーを終わりから始まりへ、時系列を逆向きに映し出している。

目で追い続けるせいか、バラバラにシーンが記憶に焼き付くのでまた無性に観たくなるのだ。中毒のよう…

 

 

 

『Unknown アンノウン』

f:id:ka75handa:20190501140719j:image

f:id:ka75handa:20190501140729j:image

5人が密室倉庫で目覚めると全員が記憶喪失になっている。それぞれの異常な光景に、自分たちに一体何が起こったのか?

面白い。

 

 

 

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

f:id:ka75handa:20190501142522j:image

死刑囚となった元大学教授デビッドが、刑の執行直前に1人の女性雑誌記者に真実を語りはじめる。
果たしてデビッドは有罪か?無罪か?
死刑制度について問うようなサスペンスでもあり、衝撃の結末を楽しめるし、秀逸な映画だと思う。

ケビン・スパイシーとケイト・ウィンスレット。この映画のケイト、好き。

f:id:ka75handa:20190501143210j:image

 

f:id:ka75handa:20190501143107j:image

 

 

ではケビン・スパイシー繋がりで

王道の

ユージュアル・サスペクツ

f:id:ka75handa:20190501143350j:image

これはもう、ザ!どんでん返し!

素直に面白くて完璧。人気上位を譲らない。

観るべし。

物語のキーワード "カイザー・ソゼ"。

 

 

 

アイデンティティ

f:id:ka75handa:20190501144827j:image

いや、凄い。としか言いようが無い映画。

嵐の日のモーテルを舞台に、そこに訪れた男女が次々に殺されていく…

ちょっとグロテスクだけれど、結末的には、必要なのだと思える。

展開、読めますか?

 

 

 

 

バタフライ・エフェクト

f:id:ka75handa:20190501145825j:image

カオス理論のバタフライ効果がテーマ。

エヴァンは何度も過去を書き換え愛する幼馴染みケイリーとの未来を救うために奮闘するけれど、その度に事態は思いがけない方向へと悪化していく。過去の出来事、どこをどう換えれば彼女の苦しみを救え、自分たちは幸せになれるのか。

f:id:ka75handa:20190501152106j:image

愛する人のための自己犠牲。

完璧な作品。シリアスなテーマ。

 

バタフライエフェクト2と3は観てない。

 

 

 

 

『シャッター・アイランド』

f:id:ka75handa:20190501152046j:image

レオナルド・ディカプリオ主演のサスペンススリラー。

連邦保安官のテディ(ディカプリオ)とチャックが犯罪者収容精神病院のある島を訪れる。

 

謎を整理してまた観ると、伏線が拾えて見方が変わる。

これ系、いいよね。

 

 

 

12モンキーズ

f:id:ka75handa:20190501173240j:image

人類絶滅の危機を救うべく、22世紀から現代にやって来た男。時間旅行。

f:id:ka75handa:20190501173327j:image

何度観ればいいのやら…

観るたびに、「ああ、そうだ!」となるのに

しばらく経つと霧にまみれるようにモヤモヤしてまた観たくなる。私はそのエンドレスにはまってる。

 

強烈なブルース・ウィリスとブラピに会うならこれ。

伏線が拾い切れなくてエンドレスなのかな。

観ても観てもそんな風に面白い。

 

 

 

『フォーンブース』

f:id:ka75handa:20190501191519j:image

息をつく暇がないほどに、ハラハラドキドキの高評価サスペンス。

個人的には、こういう見終わったあとに、何だったのかと真意を勘ぐりたくなるようなサスペンスは好き。

 

コリン・ファレルが凄い。ほぼコリン・ファレルの1人映画のようなものなのに、スリリング。

 

 

 

 

 

韓国・香港【薦めたい映画の部屋】

 

韓国映画も、香港映画も好きです。日本映画とはまた違う重たさやリアリティがある。

韓国映画は絶対字幕派です。韓国女性の喋り方って可愛いらしく聴こえます。

ジャッキー・チェンの映画だけは吹き替え派。

あの声を聴いて私は育ってるからでしょうか。

 

 

 

ハーモニー 心をつなぐ歌

 

f:id:ka75handa:20190501114230j:image

女子刑務所のコーラス。こういうの大好き。

 

人と人との繋がり、命、人権。

実話が元になっているので、尚更に思うことが駆け巡るヒューマン映画。

とてもおススメ!号泣。

 

 

 

『デイジー Daisy

f:id:ka75handa:20190501115141j:image

とにかく観て、そして嗚咽泣いて欲しい。

チョン・ジヒョン(画家の卵)、チョン・ウソン(殺し屋)、イ・ソンジェ(インターポール)。

オランダが美しい…映像美。私の中のとっておき。

f:id:ka75handa:20190501115824j:image

f:id:ka75handa:20190501120125j:image

 

声に出して泣いた、3人の愛の物語。

 

ちなみに、本編はチョン・ジヒョン視点

『デイジー Another story』は殺し屋チョン・ウソンの視点。あわせて観たくなる映画。

監督は、「インファナルアフェア」3部作のアンドリュー・ラウ監督。よく出来てるわけだなぁ。

 

 

 

ということならやっぱり、

 

『インファナルアフェア Ⅰ 、Ⅱ 、Ⅲ』

f:id:ka75handa:20190501120632j:image

f:id:ka75handa:20190501120649j:image

f:id:ka75handa:20190501120700j:image

現在→過去→その後 

と3部作の傑作。

 

マフィアから警察、トニー・レオン

警察からマフィア、アンディ・ラウ

2人が対極的で、タイトルの原題 "無間道"とは…と考えさせられる。

つまり"無限地獄"。抜け出せない。

そういったテーマをずっしりと描いている。

 

ハリウッド映画でリメイクされた「ディパーテッド」では、レオナルド・ディカプリオマット・デイモン

あちらはあちらで娯楽的に楽しめる大作。

 

でもトニー・レオンの哀愁というかやさぐれたような渋い色気、アンディ・ラウのような冷徹な知的な憎めない感じがこの内容には合ってるなーと思う。

こちらの方が重厚で深く、重たく、哀しい。

 

 

 

私の頭の中の消しゴム

f:id:ka75handa:20190501122549j:image

王道だけど、これ。

初めて韓国映画を観たのがこの映画。

 

泣いた。

こんな愛を得たい!と思うような、夫婦のストーリー。

 

 

 

僕の彼女を紹介します

f:id:ka75handa:20190501123322j:image

 

猟奇的な彼女」よりこちらが好き。

 

チャン・ヒョクだし

チョン・ジヒョンの飾らない魅力に溢れてる。

 

2人の愛らしさに惹かれてそして感動する。

切ないけれど、観終わって言葉にならないあたたかさの余韻に、浸ることができる作品。

 

 

 

『アイリス』

ドラマ版〜映画1、2

f:id:ka75handa:20190501124039j:image

f:id:ka75handa:20190501124047j:image

f:id:ka75handa:20190501124117j:image

国際スパイアクション大作。南北問題。

観終わるとアイリスロスになる。

 

イ・ビョンホンかっこ良すぎる。

個人的に、北朝鮮側のソンファ(キム・ソヨン)にとても惹かれた。

 

アイリスのドラマの紹介ついでなのでこちらもドラマを…

 

アイリスのスピンオフ版で

ドラマ『アテナ』

f:id:ka75handa:20190501125902j:image

 

実はアイリスより先に観た。

NTS要員ジョンウ(チョン・ウソン)と米国家情報局(DIS)東アジア支部長のソン・ヒョク(チャ・スンウォン)

そして、その真ん中にヘイン(スエ)。

 

どハマりしたドラマ!

f:id:ka75handa:20190501130336j:image

敵対するチャ・スンウォンが痺れるほど魅力的。自分がヘインになった錯覚(なりたい妄想)に陥るほど、このヘインの立ち位置は凄い。

 

アイリスのスピンオフなので、おお!っとなる演出もある。

アテナを先に観た私は、次に観たアイリスがとても感慨深いものになった。

 

 

 

香港国際警察

f:id:ka75handa:20190501131526j:image

ジャッキー・チェンの映画はほぼ観てる中で、これ特によく出来てるなーって映画。

私の次男が8歳の時に観て泣いてた…

 

ザ・ジャッキーチェンというより、映画として良い作品。大変満足出来る。

 

 

『シュリ』

f:id:ka75handa:20190501132153j:image

これは、もう、観てください。

北朝鮮工作員と韓国諜報部員。

 

 

 

 

 

洋画【ヒューマンの部屋】

私の好きな、ヒューマン映画の部屋です。

 

ペイ・フォワード

f:id:ka75handa:20190501005130j:image

優しさは、連鎖し広がっていくのか。

ずいぶん昔に観た映画で衝撃を受けて以来、このトレヴァーの考えが私の中にずっと在り続けている。

ずっと心から消えない映画。

 

 

遠い空の向こうに

f:id:ka75handa:20190501005810j:image

名作。眩しいくらい真っ直ぐな夢を見させてくれる。始終ずっと胸が熱くジンワリし続け、何度も何度も、ボロボロと泣く。

 

そして観終わる頃には、"こんな泣き方をさせてくれて「ありがとう」"と心の中に熱く浮かんでくる映画。

人生に於いてこんな気持ちで泣くことはそうそう無い。素晴らしい、では言い尽くせない名作だと思う。

実話。

 

 

バックドラフト

f:id:ka75handa:20190501133236j:image

何度観ても、泣く。兄弟愛。

f:id:ka75handa:20190501133333j:image

憧れの父の死から兄と弟それぞれの想いがあり、確執があり、消防士としてのストーリー。心にも見応えある映画。

 

 

奇跡のシンフォニー

f:id:ka75handa:20190501155006j:image

生まれつき類い希な音感を持つ孤児の少年。

叶わぬ恋の運命に引き裂かれた、ミュージシャンの父とチェリストの母。

音楽により再び引き寄せられる3人の運命を描いたファンタジーは感動的。

f:id:ka75handa:20190501155155j:image

音楽を題材にした作品は大好き。

この映画も、様々な音楽を堪能できる。

 

フレディ・ハイモアが本当可愛い。幸せを願わずにはいられなくなる。

とっても心あたたまる、素敵な映画!

 

 

 

『コーラス』

f:id:ka75handa:20190501155930j:image

戦後間もないフランスで

孤児や問題児を抱える寄宿舎へ舎監としてきた音楽教師と、そこの少年たちとの心の交流をしていく姿を描く。

いわゆる、少年が更生してくストーリー。

 

フランス映画らしさ、少年たちの持つ無垢な歌声、この先生。大好きな映画の一つ。

 

 

『奇蹟の輝き』

f:id:ka75handa:20190501224419j:image

事故死で天国に行ったロビン・ウィリアムズが、自死によって地獄へ堕ちた妻を救いに自ら地獄へと旅立つ。

 

f:id:ka75handa:20190501224638j:image

 

死の世界を油彩で表現する映像が印象的。

ロビン・ウィリアムズのヒューマン映画の中で名作だと思う。

10代の頃に観て未だに覚えている作品。

 

 

 

ショーシャンクの空に

f:id:ka75handa:20190502021007j:image

 

ヒューマンと言えばこれ、ショーシャンク刑務所の人間関係、希望を描いた作品。

 

好きなシーンは、アンドリューが刑務所中にレコードをかけて音楽を流すシーン。椅子にくつろぐように座って目を閉じている姿、中庭で囚人も看守も全員が上を見上げている姿。

 

心に残る名シーン、言葉が多い。

 

f:id:ka75handa:20190502022106j:image